トップへ戻る

Raw   Food

ローフード

"Raw   Food"

とは
「生の食べ物」という意味です。
生の野菜・果物を熱を加えず(48℃以下で)
生のままで食べる食事法を言います。

では、なぜ生を食べるのが良いのでしょう?

①私たち人間や動物の体内には、消化酵素と代謝酵素があります。

消化酵素
ご飯にはアミラーゼ・肉にはペプシン・脂にはリパーゼなど食べたものによって必要な酵素を分泌し消化します。

代謝酵素
●血液を流したり、毒素排泄、免疫向上、身体を動かすなどの基本的な働きのすべては代謝酵素によって動かされています。

01

一般的に、1日に出る酵素の量は一定と言われています。 肉類、加工食品、乳製品、お菓子などを多く食べると、消化酵素を多く使う事になります。 このような食生活が続くと、酵素はどんどん使われ、身体は酵素を生み出すのに多大なエネルギーを使わなくてはいけません。 1日に出る酵素の量は一定なので、代謝酵素はあまり働くことが出来なくなります。 結果、代謝が低下し、疲れ、目覚めが悪い、風邪をひきやすい、頭痛、体調不良などの原因になってきます。

②植物に含まれる酵素を食物酵素といいます。
食物酵素は熱に弱く、46~48℃を越えると酵素の活動が失われると言われています。

●野菜・果物は生で食べれば食物酵素がたくさん含まれています。野菜・果物の中にある酵素によって自己消化をある程度してくれるので、体内の消化酵素はほとんど必要としません。

野菜・果物を食べる効果

  • 1. 心身に必要なビタミン・ミネラルを豊富に摂取できる
  • 2.ファイトケミカルを摂取できる(抗酸化作用・抗がん作用など)
  • 3.便秘予防・腸内環境改善に必要な食物繊維を摂取できるなど、他にもたくさんの効果があります。

ローフードの食べ方

モーニングフルーツ

果物

朝は果物のみ。
午前4:00~正午までは解毒の時間です。
消化エネルギーを使わない果物がとっても良いのです。
正午まではお腹が空いたら果物ならOK。

パン

大皿いっぱいのサラダを先ずは食べます。
その後、ご飯なら玄米を。
パンなら全粒粉パンを。

玄米

大皿いっぱいのサラダを先ずは食べます
その後、ご飯なら玄米を、パンなら全粒粉パンを。
※午後8時までには済ませる。
午後8時~午前4時は同化の時間ですから、ゆっくりするのがベスト。
しかし、夜8時以降になる場合は、野菜のみの消化が良いものを。

ローフードを始めるときの注意点

1.食べ合わせを気をつける

消化をスムーズにするための食べる順番や一緒に食べると消化をストップしてしまうものもあるので、 注意してください。

2.好転反応

身体が必要とする野菜・果物を摂り入れ始めると身体が「修復」を始めます。
その時、頭痛や疲れ・下痢・鼻水等の好転反応が起こります。(症状は人によって違います。)
それをうまく超えてゆく必要があります。
※もし心配な場合は、しっかり学ばれることをお勧めします。